スーパーアスリート【武井壮】から学ぶ自己管理の重要性

こんにちは!

1年でパデル日本代表を目指して活動している夢人/yumetoです!

前回は、パーソナルジムのBEATSに入会したことを報告させて頂きました。

自分史上最高の自信と身体を手に入れる」ためには、自己管理が非常に大切だと思います。

今回は、これから自分自身が気をつけていくべき3つの自己管理についてまとめました。


目次

  • 食事
  • 時間
  • 身体とメンタル


1.食事

食事は、生きていく上でとても大切なこと。

スポーツ選手やアスリートにとっては、更に気を付けていかなければならないことです。

そこで、食事についての知識を深めるために「アスリートフードマイスター」の資格を取得しようと思っています。

そもそも、アスリートフードマイスターとは、アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・競技別・タイミング別に、最適な食プログラムを提供する人材です。

「いつ」「何を」「どのように」という3要素をしっかり理解することができたら、パフォーマンス向上のための、良質な食事をすることができると考えます。

良質な食事が、良質な体を作ります。

自分で自分の体をサポート出来るように、しっかりとした知識を身につけます。


2.時間

時間=人生。

僕たち人間は、1日24時間の中で生きていくことは共通ですが、人それぞれどのように過ごすかは違います。

この時間の使い方によって、人生が良くも悪くも左右されていくという訳です。

無駄な時間はないと思っていますが、ただダラダラ過ごすことや、今の自分に必要のない予定を入れてしまうのは、基本的にしないようにします。

時間は、後から後悔しても戻すことは出来ないからです。

適当に過ごす1日も、夢中に過ごす1日も、同じ24時間ならば、僕は夢中で駆け抜ける毎日を過ごせるように時間を管理していきます。



3.身体

タニタ(TANITA)の体重計を買いました。

最先端テクノロジーによる周波数測定により、細胞レベルで分析ができる体重計です。体脂肪率や筋肉量、体組成などが管理できます。

Bluetoothを使って、スマホとの連携ができるのがポイントで、これで毎日の自分の変化をメモしていきたいと思います。

毎日の自分自身の変化を、単なる自分の感覚ではなく、数値化することでより具体的に自分の身体の状態を管理できるようにします。

例えば、体重が…kgの時、体脂肪が…%に身体が1番動きやすいとわかれば、それをキープすれば良いわけです。

先程言ったように、それが自分の感覚だけだったら、調子が良い悪いだけで終わってしまう。

ベストコンディションを毎日維持していくためにも、自己分析を毎日工夫しながら継続していきたいと思います。


日本を代表するスーパーアスリート【武井壮】から学んだこと

皆さんは、この動画を見てどう思いましたか?

毎日自己ベストが出せる状態だった

この言葉を、嘘偽りなく言うことができる武井さん。

日本代表になる選手は、こういった努力をしているということです。

でも、この自己管理については、アスリートに限らず、誰にでも言えることだと思っています。

ダイエットすると決めたのに、暴飲暴食していませんか?

余計な物を買って、無駄に出費していませんか?

時間がないのに、YouTubeを見たり、漫画を読んでゴロゴロしちゃっていませんか?

これは、意識の違いだと思います。

「決めたことはやる」という覚悟の問題です。

僕には、この覚悟があります。

何を言われても、心から「パデル日本代表になって、世界を繋げるプラットフォームになりたい」と言い切れます。

そして、1年後。

「僕は、ここまでやってきた。」

と武井さんのように自信を持って言います。

そして、それが2年目、3年目と積み重なり、この継続が無意識のうちに当たり前に出来るようになった頃、僕は誰も手が届かないようなところにいると信じています。

あとはやりきるだけです。

皆さん見ててください。

やります。

夢人/yumeto

コメントを残す